毎日ごはん

こんにちは、ひでこです。

トロントの我が家でステイしてくださる方達に用意している料理や食材をゆっくり紹介できたらいいなと思っています。
ミクシィでも似た内容のコミュを持っているのですが、ミクシィをご利用されてない方もいらっしゃるので、そういった方達にもレシピや食材情報を伝えてあげたいと思い、このブログをはじめてみました。

筆不精なので、気が向いたときにのんびり更新していきます。

foodk007.jpg

スポンサーサイト

おいしい韓国風タレのレシピ

材料

おろしニンニク   2片
すりごま      大さじ3杯
醤油        大さじ3杯
砂糖        大さじ1.5杯
ゴマ油       小さじ2杯
豆バンジャン   小さじ1杯
レモン汁     小さじ0.5杯
あれば、りんごか梨のすりおろしを大さじ2杯

この材料を容器にいれてよく混ぜるだけです。

ずっと昔にお料理サイトでみかけたビビンパのタレを自分風にアレンジしたものです。
適当に挽き肉とあるお野菜を塩味で炒めたものをご飯の上にのせて、その上からこのタレをかけたりします。
ご飯の上に半熟気味の目玉焼きをのせて、このタレをかけても、簡単でおいしいですよ。

foodpic752773.jpg

イラン人街への行き方

我が家の食卓に数多く登場するイラン食料品の購入できる地域を紹介します。

FINCH駅からYONGE通りを北に向かって進んでいくと、イランの食料品店の立ち並ぶエリアが見つかります。
FINCH駅からイランのお店が並んでいるあたりまで、徒歩15分くらいかかるので、駅からバスを利用する場合、バス53か60か97の北行きに乗ると良いです。

イランの食料品店のならんでいる付近は下記のリンクのお店のあたりです。
http://www.blogto.com/bakery/pars-bakery-toronto
このプラザの端にPARSというイランの民芸品店があって、綺麗なショールなど置いてあり、覗かれてもも面白いかもしれません。
この民芸品店のお隣がPARS FOODというスーパーでここのイランの甘い「GATA」という丸パンがおいしいです。(食べる前にレンジで少し温めるとなおおいしいです)
あとここでは、挽肉ケバブの「ケバブ クビデ」とチキンケバブの「ジュジェ ケバブ」が$5程度でテイクアウトで買えますよ。(ケバブとイランご飯と焼きトマトのセットです)

同じ並びにArzonという食料品店があって、ここでは大きい焼きたてのイランパン(バルバリ)を売っています。
店内でテイクアウト用のケバブも焼いていて、$6-$10でケバブとご飯と炭酸飲料のセットが買えます。
ここの出来立てのケバブはとてもおいしいのですが、食べる場所がないのが残念です。(一応簡易テーブルと椅子くらいはありますが、ゆっくりできるかんじではないです)
ケバブは挽肉ケバブの「ケバブ クビデ」やチキンケバブの「ジュジェ ケバブ」が値段もお手ごろだしおいしいです。

このプラザの北隣にsuper khorak というスーパーがあり、ここではテイクアウトの料理を座って食べられる場所が用意されてあります。
店の奥の方に進んでいくと、お肉コーナーがあって、皮の剥がれた羊の頭が売っていることにちょっと驚かれると思います。(イランのお料理で羊の頭スープがあるため)
http://www.yelp.ca/biz/super-khorak-north-york#hrid:XMUDfgTph8vVF2gJ1lxnGw


イランのデザートで、レモン風味の麺入りシャーベットとサフラン風味のアイスクリームがあり、細い麺が口の中でとろけるような不思議な食感ですが、爽やかで美味しいですよ。
イランのアイスクリーム&麺シャーベットは下記のカフェで味わえます。
http://www.blogto.com/grocery/bb-cafe-toronto
アイスクリーム&シャーベットのセットは、「マフルーツ」という呼び名です。
かなりボリュームがあるので、2人で1つのマフルーツを注文されて、丁度良いくらいの量です。
レモン汁やシロップをかけて好みの味に変えることもできます。
アイスクリーム以外だったら、「ローレット」というロールケーキや「ナポレオン」というミルフィーユもおいしいです。
このカフェは、イラン食料品店の並ぶプラザの真ん中あたりにあります。

それでは、イラン人街をお楽しみくださいね。

イランのお菓子(手前がロールケーキ。とても美味しい!)
1309778813_216.jpg

マフルーツ
1072739680_55.jpg

ケバブ
230288_1871891560525_4592857_n.jpg

美味しいイランの紅茶(アールグレイ)

1097330088_175.jpg


我が家の夕食後のティータイムに登場するイランの紅茶。
我が家にステイされている方の多くから、どこで購入することができるのかをよく尋ねられます。
イラン人街のイラン食料品店で、$7前後で買うことができます。
黒い箱で中央の青い葉の中に2匹の鹿がいる絵のパッケージです。


イラン紅茶の淹れ方

分量は約2カップ分のお湯に対して、小匙山盛り1杯。(我が家はプラスティックのちょっと大き目のスプーン使用)

急須かティーポットに、紅茶の葉をいれて、沸騰したお湯を注ぎ、そのまま5-10分くらい紅茶の葉を蒸らすため待ちます。 (沸騰したお湯は、全部使わず、やかんに少し残しておきます。)

可能でしたら保温程度の熱さのところに置いておきます。 紅茶の葉が開いて、ゆっくりポットの底に落ちはじめ、表面に浮かんでいる紅茶の葉がおおよそ落ちはじめたぐらいが一番おいしい飲み頃です。

できた紅茶がもし濃い目だったら、グラスに注いだ紅茶の上から、やかんに残しておいたお湯を足して、好みの濃さに調節するのがイラン風です。

イランでは紅茶はいつも特別なティーポット(下がやかんで上にティーポットをのせていつも温めている)で保温しておいて、一日中ちょこちょこ飲むそうですよ。

イラン人街で買えるイラン産のローズウォーターを紅茶の上から、ほんの少し加えても、バラの香りがふんわりしてとても美味しいです。


おすすめベーキングパウダー

ふわふわパンケーキを作るのに欠かせないのが、ベーキングパウダーです。

以前はあまりこだわらずに、量り売りの安いベーキングパウダーを使っていたのですが、あまりケーキが膨らまなかったり、苦味が残ったりするので、試しにちょっぴり高めのベーキングパウダーを購入してみたのです。

「MAGIC BAKING POWDER」という名称のベーキングパウダーを使ってみると、ケーキが普段の倍くらいに膨らむし、変な苦味が残ったりもしませんでした。
今までは、たかがベーキングパウダーと思っていたのに、あまりのお菓子の焼き上がりの違いにびっくりして、それからはずっとこのベーキングパウダーを愛用しています。

トロントの大抵のスーパーで購入することができますよ。

foodk013.jpg

ふわふわパンケーキ


子供達のランチにも持たせることができるように、冷めても柔らかく、ちょっと甘めのパンケーキのレシピです。

計量カップは、1カップ=250ccのカナダサイズを使用。

材料>
小麦粉(All purpose flour) 1カップ(250cc)  
ベーキングパウダー     小さじ2杯
塩             小さじ1/4杯

*砂糖           大さじ5杯 
*牛乳           カップ1/2(125cc) 
*無糖ヨーグルト      カップ1/2(125cc)
*卵            1個
*サラダ油         大さじ1杯   
*バニラエッセンス     少々 
(+もしあれば、メープルシロップかハチミツを大さじ1杯)


1.*印の材料をボールの中で滑らかになるまで、泡だて器で混ぜます。

2.小麦粉、ベーキングパウダー、塩を1のボールに入れ、さらに混ぜ合わせる。

3.フライパンを弱めの中火にかけて、うすく油をひきます。
  フライパンが温まってきたら、お玉に軽く1杯分のパンケーキ生地を丸く流します。

4.パンケーキ生地の周りにプツプツ空気穴が開いてきたら、裏返し両面軽いキツネ色に焼いて、出来上がり!

かなり甘めのパンケーキ生地のため、とても焦げやすいので、フライパンの火加減(かなり弱めの中火で!)に気をつけながら、焼いてくださいね。


次男が好物のパンケーキをつまみ食いしようと試みています。
foodk023.jpg
                

みんな大好きおもちケーキ

マフィン12個分の型を使用、ケーキ丸型(21cm)なら2台分。
計量カップは、1カップ=250ccのカナダサイズを使用。

材料>
もち粉          1箱(454g)
ベーキングパウダー   大さじ1杯 
*砂糖         1.5カップ(375cc) 
*牛乳           2カップ(500cc) 
*卵            2個
*バニラエッセンス   少々
溶かしバター       3分の1カップ(60g程度のバターを電子レンジで溶かしておく)

お好みで:
あんこ          お好きなだけ
くるみ等のナッツ    お好きなだけ

作り方>

1.*印の材料をボールの中で滑らかになるまで、泡だて器で混ぜます。
2. もち粉とベーキングパウダーを1のボールの中にふるい入れ、混ぜ合わせます。
3. 最後に溶かしバターをボールに流しいれ、むらなく混ぜます。 これでケーキ生地の出来上がり。
4. ケーキ生地を油を塗った型に均等に流し込み、お好みで生地の上にあんこをのせて、粗く刻んだナッツを散らします。
5. 180度に加熱したオーブンの中段で、約50分焼きます。
6. 表面がおいしそうな狐色に焼きあがったら、出来上がり。 

出来立てよりも、ケーキが冷めるまで待ってから召し上がった方が美味しいですよ。

材料のもち粉は中華スーパーで、1箱$2.50前後でご購入できます。
もち粉が見つからなかった場合は、下記の白玉粉でも代用できますが、もち粉の方がふんわり仕上がり美味しく出来上がります。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=57133901&comm_id=5292195

我が家秘伝のおもちケーキ、どうぞお試しくださいね。

foodk005.jpg

foodk006.jpg

foodk004.jpg

我が家の焼きプリン!

我が家にステイしてくださった方にはおなじみの焼きプリンです。 全卵4個使用の作りやすいレシピです。

<材料>
卵 4個
牛乳 500cc
砂糖 100g
バニラエッセンス 数滴

カラメル用:砂糖 大さじ3 & 水 大さじ1

21cm丸型、あるいはスクエア型(バターを薄く塗っておく)

<作り方>
1.牛乳を煮立て、砂糖を加え弱火で少し煮る。 砂糖が溶けたらすぐ火からおろし、そのままおいて少しさます。

2.ボールに卵を割りほぐし、1.をすこしずつ注ぎ静かに混ぜ合わせる。 バニラエッセンスを加え混ぜる。

3.カラメル用の砂糖と水を小鍋にいれ強火にかけ、あめ色になって煙がではじめたらすぐに、焼き型に流しこむ。

4. カラメルを敷いた焼き型に2.のプリン液をざるでこしながら流し入れる。 湯をはった天パンに焼き型をおいて、オーブンを150-160度に設定して約45分蒸し焼きにする。

5.プリンの表面にうっすら膜がはり、型を軽く揺らすと表面がフルフル揺れるくらいで取り出し、あら熱をとる。 冷蔵庫で冷やして、好みの大きさに切り分ける。

カナダでプリン型を持っている人は少ないと思いますので、1ドルショップでも手に入る丸型や角型を使用した場合の焼き時間になっています。 バニラエッセンスはちょっと高価ですが、純バニラエッセンス(Pure Vanilla)を使用された方がおいしく仕上がります。

foodk008.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。